>
総務トレンド情報
>
>
技能継承がうまくいっている/いっていない企業の特徴

技能継承がうまくいっている/いっていない企業の特徴

 

約8割の企業が不安に感じている

 ものづくり産業では、約8割の企業で将来の技能継承について不安を抱えています。(独)労働政策研究・研修機構の調査によると、大多数の企業では技能継承を重要と認識するものの、うまくいっている企業は半数弱との結果が出ています。

 

技能継承がうまくいっている企業の特徴

 そうした中でも、人材の定着がよく、近年の採用がうまくいっている企業は、技能継承もうまくいっていると認識しているようです。そうした企業の特徴としては、若手中心か各世代均等の年齢構成で、先を見越した育成方針があり、その方針が社内に浸透している企業ほど技能継承はうまくいっているとの調査結果が出ています。

 数年先の事業展開を考慮して、その時必要となる人材を想定しながら能力開発を行っており、そうした方針が明確になっている企業ほど、若手人材も採用できるということでしょう。

 

技能継承がうまくいっていない企業の特徴

 一方、技能継承がうまくいっていない、あるいは不安を抱えている企業の特徴は次のようなものです。

 

 ・採用がうまくいっていない・ベテラン中心である。中堅不足である。

 ・技能者育成がうまくいっていない。

 ・人材育成・能力開発の方針がない、浸透していない。

 

 

若手へのアピール

 人手不足が深刻な他業種(例えば運送業)でも、スマホ向けのホームページを作ったり、賃金制度を明確にする、業種の特性に合わせた採用方法にするなどして若手採用の増加に成功した事例があるようです。

 ものづくり産業では、最終製品を生産して自社ブランドで販売する企業もあり、若手にアピールする手段として使えそうです。部品を提供するのが主だという企業でも、技術力のブランド化などを行い、自社の魅力をアップすることはできるでしょう。

 新型コロナウイルスの影響により、製造業の国内回帰という流れもありそうですので、いま一度、自社の採用について深く考えてみてはいかがでしょうか。

 

【労働政策研究・研修機構「ものづくり産業における技能継承の現状と課題に関する調査結果」】

https://www.jil.go.jp/institute/research/2020/194.html