>
総務トレンド情報
>
>
国税庁より「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ」(源泉所得税関係)

国税庁より「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ」(源泉所得税関係)

 

概要

       テレワークによる働き方が定着するなか、会社以外で業務にあたる際の通信費や光熱費の費用負担に係る税務について、2021年1月、国税庁よりFAQが公表されました。

       FAQでは、手当の支給方法や業務使用部分の精算や計算方法等に係る税務の取扱いを示しています。ここでは、主な内容の項目を取り上げます。

       

      企業が従業員に在宅勤務手当を支給した場合、従業員の給与として課税する必要があるか?

      ・費用の実費相当額を精算する方法で従業員に対して支給する⇒課税する必要なし

      ・在宅勤務手当として渡切りで支給するもの(必要費用として使用しなかった場合でも返還義務のないもの)⇒課税する必要あり

       

      従業員が負担した通信費の計算方法

○電話料金

 「通話料」と「基本使用料」について示しており、通話料に関しては明細書等で確認できるため、その部分の企業の負担は非課税扱い。基本使用料については、次のような【算式】で算出したものについては非課税。

○インターネット接続にかかる通信料

 「基本使用料」や「データ通信料」などについて、業務で使用した部分を合理的に計算する必要があり、次のような【算式】により算出したものについては非課税。

【算式】

業務のために使用した基本使用料や通信料等=従業員が負担した1か月の基本使用料や通信料等×その従業員の1か月の在宅勤務日数/該当月の日数×1/2

【例】従業員が9月に在宅勤務を20日行い、1か月の基本使用料や通信料を1万円負担した場合の業務のために使用した部分の計算方法10,000円×20日(在宅勤務日数)/30日(9月の日数)×1/2=3,334円(1円未満切上げ)

 

 このほか、電話料金に係る行う使用部分の計算方法や、レンタルオフィス等の利用に関する取扱いについても示しています。

詳細は、以下をご確認ください。

【国税庁ホームページ】

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0020012-080.pdf