>
総務トレンド情報
>
>
Z世代の新入社員の意識 ~リクルートマネジメントソリューションズ調査より

Z世代の新入社員の意識~リクルートマネジメントソリューションズ調査より

 

 毎年、新入社員の受け入れ時には、人事担当者や管理職から世代間の違いに悩む相談が増えます。株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、新入社員導入研修受講者525名(調査1)、新入社員向けeラーニングサービス受講者1,672名(調査2)に対し、「新入社員意識調査2022」を実施し、その調査結果を公表しました。調査は2010 年より毎年実施し、その結果を踏まえて「新入社員の特徴」の分析と「新入社員を生かす」という視点で考察を行っています。 

 

「働くうえで大切にしたいこと」は、「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」

       「働いていくうえで大切にしたいこと」については、「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」がトップ(49.0%)で、10年前と比較し11.5ポイントUPしています。

      「周囲(職場・顧客)との良好な関係を築くこと」が過去最高(45.0%)で昨対比5.0ポイントUP、10年前と比較し6.2ポイントUPしています。

       一方、「何があってもあきらめずにやりきること」「失敗を恐れずにどんどん挑戦すること」「会社の文化・風土を尊重すること」などは過去最低となっています。

       

      仕事・職場生活をするうえでの不安は、「仕事についていけるか」がトップ

       仕事・職場生活をするうえでの不安については、調査開始以来「仕事についていけるか」がトップ(63.8%)で、10年前との比較では0.7ポイントUPしています。

       

      10年の経年比較から見えてきたZ世代の新入社員の特徴

 「仕事をするうえで得意なスタンス」は「相手基準」と「協働」の選択率が高く、「不安・苦手意識があるけど大事、意識して取り組みたいスタンス」は「自発」と「試行」の選択率が高いことがあげられます。

 「上司に期待すること」としては、「相手の意見や考え方に耳を傾けること」「職場の人間関係に気を配ること」が過去最高となりました。

 

【株式会社リクルートマネジメントソリューションズ「「新入社員意識調査2022」の結果」】

https://www.recruit-ms.co.jp/upd/newsrelease/2206281825_6171.pdf